今更聞けないハロウィン????

10月のイベントといえば・・・!

             ハロウィン ですよね~(^_-)-????

 

みなさんはそもそもハロウィンとは何なのかご存知でしょうか?✨

 

近年では「六本木」「渋谷」などでニュースになるぐらいのハロウィンの仮装。

年々勢いは減っていますが、ハロウィンで捕まるとか・・・悪いニュースにもなってしまいますね((+_+))????

 

そんな大騒ぎするハロウィンですが、ただのお祭りではございません!

 

 

ハロウィンの起源????

ハロウィンは古代ケルト民族のお祭りです!

秋の収穫をお祝いし、悪霊など悪いものを追い出す宗教的な行事です。

悪霊などを追い払うためにみんな仮装をしているというわけです。

ハロウィンの歴史は二千年以上とも言われ、近年ではアメリカやヨーロッパなどのキリスト教でも民間行事として楽しんでいる傾向にあります。

古代ケルトでは11月1日が新年の始まりで、その前夜である10月31日には死者があの世から帰ってくるとされていました。その際に悪霊も連れてくると信じられていました。

日本のお盆のような感覚です♪

 

仮装の種類????

大体仮装と言えば、みなさん怖いものを仮装していますよね?

それも先ほどの話から悪霊を追い払うために怖い仮装をして驚かそう、追い返そうとい考えです。

ゾンビ、魔女、骸骨、幽霊などよくテレビの中の仮装では定番ですね????

 

トリック・オア・トリートの合言葉は?????

仮装した子供が各家をまわり、玄関先で「トリック・オア・トリート」と言っているのを聞いたことはありますよね?

「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ~!」という意味もあり、子供に「トリック・オア・トリート」と言われた大人は「ハッピーハロウィン!」と答えてお菓子をあげるのが伝統的です。

お菓子をあげる事によって悪霊を追い払うと言われていますし、このハロウィンの行事がきっかけにアメリカでは見ず知らずの子供の訪問を怪しまなくなり、地域の交流も盛んになったと言われています✨

 

ジャック・オー・ランタンとは?????

ジャックオーランタン(またはジャック・オ・ランタン)はハロウィンの時期によく目にするカボチャをくり抜いて、目や口をつけたランプの事!

まさかこれに名前があるなんて事がそもそもビックリですが、名前の理由もしっかりあります。

「ランタン持ちの男」が由来となっており、ジャックという遊び人が悪魔を騙し、死んだとしても地獄に落ちないという契約を取り付けます。しかし、死後生きていた頃の行いが悪かったために天国に行けず、悪魔との契約で地獄にも行けなかったジャックは近くにあったカブでランタンを作り、灯して彷徨い続けているというお話があるそうです。

そのジャックが「ジャック・オー・ランタン」の源だと言われています。

古代ケルト人はもともとカボチャではなく、カブをくり抜いて作っていたようです!

ケルト人がアメリカに渡り、アメリカでハロウィンをするようになってから、アメリカに多く生産されていて加工しやすいカボチャを代用した結果、カボチャのジャック・オー・ランタンが現在主流になったのです。

 

日本とハロウィン????

ハロウィンはもともと海外の宗教から広まったお祭りですが、なぜここまで日本にもハロウィンが広まり毎年騒がれているのでしょうか?

もともと日本の10月のお祭りは少ないですよね。

東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなど様々なイベントでハロウィンが広まり、ハロウィンのグッズも毎年生産され、今では渋谷や六本木を歩行者天国にして大規模なイベントへとなっています。

最近ではハロウィンの時の日本人のマナーが悪く、悪魔を象徴とされていた黒猫をいじめたり、度の過ぎた行動をして沢山の人に迷惑をかけたり、と・・・

ハロウィン反対派も結構多く居るようです????

 

まとめ

海外では、ハロウィンは家に子供たちが訪問し、大人はお菓子を配るような感覚ですが

日本のハロウィンは単なる仮装パーティーであり、仮装・コスプレをしてただ騒ぎたい人たちとして映っています・・・!

日本の仮装も、怖いものではなく、アニメや映画や漫画のキャラクターなど自分がしたい仮装であります。

海外とはまた違って楽しみ方も人それぞれであり良いとは思いますが、本来のハロウィンの意味など全く関係なくなっていますね(笑)

 

みなさんナーはしっかり守って、ハロウィンを思いっきり楽しんでください!

日本流のハロウィンでも、みんなが楽しいのであればそれはそれで有りだと私は思っています。

そして年齢は関係ありませんが、若いころに友達を一緒にハロウィンの準備をしたり、非日常的な事を誰かと一緒にすると、歳をとった際に良い思い出話になります。

今が一番若いです!