焼酎入門

 

みなさん「焼酎」はご存知でしょうか?
夜のお店と言えば必ず置いている焼酎ですよね。
一体あれはなんなのか?
詳しく知る人の方が実際少ないのではないかと思うので
今回は焼酎の事について書いていきたいと思います♪

 

【焼酎とは】

焼酎とは蒸留酒の一種であります。
そもそも蒸留酒とは何だろう?と思った方も居るかと思いますが
蒸留酒とは「発行によって作ったお酒をさらに蒸留してアルコール含有の割合が増したもの」になります。
ウイスキーも蒸留酒にあたります。
焼酎は主に日本で生産されておりアルコール度数は36度未満~45度以下と国で定められています。

 

【焼酎の原料】

そんな焼酎の原料ですが、米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、黒糖焼酎、落花生焼酎、そば焼酎、泡盛、などなど沢山の原料があります。
穀類やイモ類を主に原料を醗酵させ、蒸留して造られており、大衆酒場などでも数多くの焼酎が並びますし、一般家庭でもよく飲まれています。
原料は酒税法で決められており、使っても良い素材のみが加工可能です。
どんな食材からでも作れるわけではないのは案外知られていないかと思いますので、キャバクラでの話の小ネタにでもどうぞ(^▽^)/
国で認められている種類の原材料は50種類以上あり
ほかにも麹は三種類あり「黒麹」「白麹」「黄麹」が代表的です。
原料は組み合わせ次第で味も風味も幅広く変わるため、飲んでいる方を楽しませるお酒です。

 

【焼酎の種類】

焼酎は主に日本で生産されておりアルコール度数は36度未満~45度以下と国で定められています。と先ほどお話しましたが
36度未満のお酒は「甲類焼酎」と呼ばれ、デンプンを含んだ穀類から作られます。
45度以下のお酒は「乙類焼酎」と呼ばれ、米・米麹・芋・そばなどから作られます。
この違いは蒸留方法により分類されています。
連続式蒸留機を使用した純度の高いアルコールを水で薄めたものを甲類と呼びます。
特徴としては甘味があり、割り物もジュースや甘いものを割る事も相性が良いですし、そのままでも口当たりがさっぱりしていて飲みやすいです。
甲類に対して乙類焼酎は単式蒸留機を使用して伝統的な製法で作られています。手間も時間もかかる作業工程は日本では昔ながらのお酒です。
特徴としては、原料の米や麦または芋などの穀類の旨味を引き出す事が出来、風味や香も強いため水割りやお湯割りで飲まれる機会が多いです。
「本格焼酎」と呼ばれる焼酎は乙類の特有でもあります。

焼酎はコスパも良く、家のみにはもってこいのお酒です。
夜のお店でもウイルキーよりも安い傾向にあり、焼酎をキープボトルにしている方も多いかと思います。
何よりウイスキーよりも軽いので飲みやすさも抜群!
焼酎愛好家は多いのかと思います。

 

【焼酎の割り方】

焼酎の楽しみ方は様々です。

 

「ロック」

「焼酎 フリー素材」の画像検索結果
焼酎そのものの味わいを堪能できるロックもおススメです。
焼酎の香りも存分に楽しめますし、ロックは時間が経てば経つほど水割りのように楽しむ事も可能です。
レモンスライスや梅干しなどを添えるのも普段とは楽しみ方も違いおすすめです。

 

 

 

「水割り」

「焼酎 フリー素材」の画像検索結果
定番の水割りは飲みやすいので大人気です。
風味や味わいも楽しめますし、水とお酒の分量で味もガラリと変わります。
お好きな濃さで飲むことも出来るのでお酒が弱い方や、焼酎をゆっくり楽しみたい方にはピッタリな飲み方のひとつです。
水割りにもレモンスライスや梅干しを加えるのがオススメです。
そのまま飲むよりもさっぱりと頂けます。

 

 

 

「お湯割り」

「焼酎 フリー素材」の画像検索結果
湯気とともに焼酎の香りを楽しめ、これからの寒い時期にも飲みやすいお湯割りも人気です。
若い子でも結構お湯割りが好きな方は居ますし、梅干しをつぶして入れると焼酎の本来の甘さも引き立てられ飲みやすいです。
私は断然焼酎はお湯割りが好きです。

 

 

 

「ハイボール」

「焼酎 フリー素材」の画像検索結果
ウイスキーでハイボールは定番ですが、焼酎でもハイボールとして楽しむ方も居ます。
炭酸のおかげでさっぱりと仕上がるため普段水割りやお湯割りで楽しんでいる方も居ますので皆さんもぜひ試してみてください。

 

 

 

「お茶割」

「焼酎 お茶割」の画像検索結果
緑茶やウーロン茶、ほうじ茶で割るなどがポピュラーです。
お茶は冷たいお茶でもいいですし、温かいお茶でももちろん良いです。
お茶で割る事で飲みやすいカクテルの完成です。

 

 

 

「ジュース割り」

「焼酎 ジュース割り」の画像検索結果
女の子にはとても飲みやすいジュース割りですが、飲みやすいため悪酔いしてしまったりも・・・。
おもに柑橘系のオレンジやグレープフルーツ、レモンなどで割ったミックスさせて飲む事も有りです。
冷凍フルーツや生のフルーツをお酒の中に入れるのも女子力があって可愛らしいですね。

 

 

 

「前日割り」

「焼酎 前日割り」の画像検索結果
実はこれは昔からある伝統的な飲み方です。
前日に水とお酒を割り、数日(1日~一週間程度)寝かせる事で味わいがまろやかになります。
ストレートで飲むのではなく、水割りでもなく、前日割りの飲み方を知っている方は通です。
前割り焼酎は作り方も合わせて、光を避けた冷暗所に置いて寝かせるだけなのでとても簡単なため、おうちでも楽しむ事が出来ます。
ちなみに水は「硬水」ではなく、「軟水」の方が味のまろやかさが引き立つのでお勧めです。
器も「じょか」という伝統芸品もあり、じょかに入れて楽しむ方も居ます。
じょかが無い場合には空いた酒瓶やペットボトルで代用することも可能です。
ホットでもアイスでも好きな温度で召し上がってください。

 

 

 

 

まとめ

焼酎は馴染み深いお酒のひとつであるからこそ、深く知りたいと思う方は少ないかと思います。
昔は焼酎を飲む方は「おじさん臭い」などと言われていましたが、最近では焼酎のお湯割りなども若い女性が飲むようになり焼酎の人気が右上がりかと思います。
ただ酔うためだけにお酒を飲む、仕事だから仕方なく飲む、そんな人は結構多いかと思いますし私も昔はそうでした。
しかし、飲んでいるお酒の事を理解したあとに飲むお酒や関心を持った後に飲むお酒は今までと違って感慨深いものがあるかと思います。
お酒の世界も結構面白いので、ブログでみなさんにも少しでも興味を持って頂ければ幸いです笑