日本の有名な芋焼酎

 

今回は有名な焼酎の~芋焼酎編~を少しご紹介していこうと思います。

芋焼酎はクセがあって苦手><。

なんて人も多いかと思いますが、芋焼酎にも沢山の種類があり

飲みやすさや風味、香りも様々なので一括りにできません!

 

芋焼酎のおすすめ

 

*佐藤*

「焼酎 佐藤」の画像検索結果

明治39年創業。

佐藤酒造が作る芋焼酎である佐藤はとても有名です。

味は二種類あり、白いラベルの佐藤は白麹仕込みで柔らかな口当たりとしっかりとしたコクが特徴です。

黒いラベルの佐藤は黒麹仕込みで力強くキレが良いのが特徴です。

 

*魔王*

「焼酎 魔王」の画像検索結果

創業は明治45年/大正元年。

100年以上も続く老舗の白玉醸造はとても歴史があります。

魔王と言ったらド定番の焼酎のひとつですが最近ではあまりの人気で入手困難になっていると噂されている。

「3M」と呼ばれる日本を代表する芋焼酎のひとつが魔王です。

魔王と言う名前とは裏腹に、味わいはフルーティーで飲みやすいのも特徴的です。

魔王は白麹や黒麹ではなく、黄麹を使って造られています。黄麹は焼酎には向かないとされていましたが、あえてそこを使って勝負したのには脱帽です。

 

*村尾*

「松尾 焼酎」の画像検索結果

こちらも「3M」と呼ばれる日本を代表する芋焼酎のひとつです。

村尾酒造の代表である松尾寿彦さんが全ての作業工程に関わっており、希少価値も高いです。3Mだから入手困難という事もありがすが、代表自らという部分もあります。

村尾は1次・2次ともに「カメ壺仕込み」で香を存分に残したまま味わいを際立たせています。

ちなみにカメ壺仕込みとは、焼き物の容器を使って熟成する伝統的な製造方法のことで、カメ壺は上部を残して地中に埋められ、一定の温度を保って麹の発酵を促します。

 

*森伊蔵*

「焼酎 森伊蔵」の画像検索結果

「3M」のひとつの森伊蔵は、森伊蔵酒造が販売している芋焼酎です。

生産方法は伝統的な「かめつぼ仕込み」のため、とてもまろやかな舌触りと飲みやすさで人気です。

臭みも少なく、芋焼酎が苦手な方でも飲みやすいのも特徴です。

有機栽培の鹿児島産サツマイモが原料となっており、3Mということもあり入手困難で電話での登録をしたあと、抽選で決められます。

 

*黒霧島*

「焼酎 黒霧島」の画像検索結果

こちらの焼酎は結構有名かな?と思うのも、テレビのCMなどでも放映され、酒屋さんやスーパーやコンビニに高頻度で置いてあるからです。

霧島酒造が生産元です。霧島酒造は沢山の芋焼酎を作っていることでも有名で、五種類の芋焼酎を販売しています。もちろんそれぞれ特徴や原料なども違いますので、飲み比べてみるのも楽しいですね!

「〇霧島」と名前にあれば霧島酒造の商品です。

黒霧島の話に戻りますが・・・!

黒霧島は値段も手ごろな為、飲んだことがある方は多い芋焼酎です。

飲みごたえは、芋の香りはしっかりと残っているのに飲みやすいです。

少しさっぱりとした芋焼酎といった感じです。

産地は宮崎県で、原材料はさつまいもで造られています。

芋焼酎入門には優しい一本になるかと思います。

 

*赤霧島*

「焼酎 赤霧島」の画像検索結果

黒霧島と兄弟とも言える赤霧島ですが、黒霧島よりも赤霧島の方がお値段は高いです。

黒霧島との大きな違いは原材料になります。

黒霧島の原材料はさつまいもに対して、赤霧島は「ムラサキマサリ」という紫芋が使われています。ムラサキマサリは幻の紫芋とも呼ばれて貴重な紫芋なため、芋自体の香りも特徴的です。

ムラサキマサリは甘味も強く、何より香りがとても気品があって風味が強いです。

黒霧島よりは玄人向きかな?というところです。

風味は強いですが黒霧島よりも飲みやすいという人が沢山居ます。

 

*伊佐美*

「焼酎 伊佐美」の画像検索結果

鹿児島県産、原材料はさつまいもの伊佐美。

明治32年創業の老舗、甲斐商店が販売している伊佐美は昔から有名です。

パッケージも昔ながらで、黒麹から造られています。

黒麹から造られているからか芋焼酎らしく、芋の風味がとても力強いです。

昔からの根強いファンが多い伊佐美は一度はみなさんにも飲んで頂きたいです!

 

*富乃宝山*

「焼酎 富乃宝山」の画像検索結果

西酒造が作っている富乃宝山は夜の仕事をしている人は必ず一度は見た事があるのではないでしょうか?

富乃宝山の人気は熱く、とても飲みやすい芋焼酎としても有名です。

富乃宝山は「ロックで飲める芋焼酎」を目指して造られたと言われているだけあって、口当たりがとても軽く、おまけにフルーティなので若い女の子でも飲みやすく仕上がっています。

あまりにも飲みやすいため、ついつい沢山飲んでしまう方も多いかと思います。

 

*三岳*

「焼酎 三岳」の画像検索結果

屋久島で造られている三岳の特徴はズバリ「水」です。

日本の名水百選にも選ばれた屋久島の天然水を使っており、芋の香りを残しつつも澄み切った味わいが特徴です。

原材料のさつまいもと屋久島の天然水の組み合わせはとても貴重であり、なかなか興味深いですね!

 

 

まとめ

芋焼酎の種類は沢山あり、有名なお酒も数えきれないほどあります。

製造方法や原材料によって味わいも風味も大きく違いがあります。

飲み比べてみて、自分が飲みやすい芋焼酎を選んでみてください!

芋焼酎を好きなお客様も沢山居るので話のネタにもぜひご利用ください。