?お酒が飲めなくても上手にやり過ごす 方法?

知らない方も多いと思いますが、

キャバクラ嬢の中にはお酒が飲めないキャバクラ嬢も沢山います!
(お酒を一緒に飲むところでは?)と思われがちですが、意外に大丈夫だったりします!

しかし、お客様の中にはお酒が飲めないことで不機嫌になってしまう方もいます。

そのようなお客様にも上手く対応するためにこちらでは上手にやり過ごす方法をご紹介致します!

?ドクターストップがかかっている?

キャバクラ嬢のお仕事はお客様とお酒を酌み交わし、会話を楽しむことでつまり、お客様は日常的にキャバクラ嬢がお酒を飲んでいることを知っておりお酒で体に負担がきていることも知っています。

お酒が飲めない場合には、薬を服用している、またはドクターストップがかかっているということを伝えましょう。そうすると、お客様は無理にお酒を勧めることはしないはずです!

ドクターストップがかかっているのに無理に飲ませて体調を悪くされては、気分が良いという人はいないはずですから、上手にやり過ごす方法と言えます!
また、お酒が飲めない人もこの方法は有効的です!

?飲めないけど会話で楽しませる?

キャバクラに来店するお客様のほとんどは、女性と会話を楽しむために来店します。

そのため、お酒を勧められた時には、飲めないことをはっきり伝えましょう。

そしてこの時に大切なのは、飲めないけど会話でたくさん楽しませてあげると伝えることです。

このような一言があれば、大抵のお客様は納得して無理にお酒を勧めないでしょう。

この方法は、キャバクラ嬢本人が無理にお酒を飲む必要がなく、お客様も会話を楽しめる期待感が膨らむ有効的なやり過ごし方です!

上記で申し上げたように、キャバクラに来店するお客様は女性との会話を楽しみにやってきます!
中には、お酒が飲めないことに対して、可愛く感じるお客様もいるほどです?
お酒が飲めない方は上手なやり過ごし方を身につけて、多くのご指名が獲得できるようにしましょう!