お酒を飲む前に?

 

みなさんどんなお酒の飲み方をしていますか?

 

お酒を飲む時は食事を摂取しながらが基本になります?

それはなぜなのか?

空腹のときにお酒を飲むと胃の中には何もない除隊なのでアルコールを吸収する速度が速くなります。

食事をしながら飲む事で胃の中で食べ物が粘膜の上に乗るので、アルコールの吸収が遅くなります。

お腹が空いている状態では絶対に飲まないでくださいね!

 

酔いにくい食べ物を今回はご紹介していこうと思います(´ω`*)

 

チーズ、牛乳、バター

飲む前に食べる事でたんぱく質の他に胃の中を荒れないように粘膜を貼ってくれます。脂肪分は胃の粘膜を保護するのに最適と言えます。

 

野菜

野菜にはミネラルやビタミンが含まれています。アルコールの代謝によって、ミネラルやビタミンは失われやすいので補わなければいけません。

そしてもう一つは野菜の食物繊維によってアルコールの吸収を抑える働きがあります。

 

タコ、イカ、シジミ、ホタテ、アサリ

このような魚介類にはたんぱく質のほかにタウリンというものが含まれています。

タウリンはアルコールの分解のために胆汁の分泌を促したり、肝細胞の再生を促進する作用があるためお酒の席では食べておきたいです!

 

枝豆

畑のお肉と呼ばれるほどたんぱく質が豊富な食材です。

たんぱく質は肝臓の機能の働きを助けるのでおつまみとして枝豆はとっても優秀です!

 

 

まとめ

お酒を飲む際は体もアルコールの分解に追われて体力や沢山のミネラル、ビタミンが消費されます。

たんぱく質はアルコールの分解をするために助けてくれる大切な役割をします。

たんぱく質、脂肪分、ミネラル、ビタミンは少し意識して摂取してもらいたいと思います(^▽^)/

飲んでる最中もですが、飲んだ後も体の回復を早めるためには必要な成分ですので、みなさん楽しくお酒は飲みましょう♪